忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

小物をコンパクトにまとめるには?

テントやタープなどの大荷物は形の変えようが無いですが、小物類は収納の仕方で車に積む時に必要なスペースがずいぶん変わりますね。

ランタンやバーナー、その燃料などはそれぞれケースに入ってても、バラで積み下ろしするのも面倒なので、収納するのに良いものはないかとホームセンターを物色してたら、ちょうどランタン高さと同じくらいの内幅の折りたたみコンテナ(gorodokuが買ったのはたまたまアイリスオーヤマの奴だったのでリンクもそちらに。)が目についたので試しに購入してみました。
これが大正解、ガソリンランタンと蛍光灯ランタン、シングルバーナー、ガソリン1L缶、炭3kg箱、消し炭入れ用のお菓子の空缶(行く時はこれにも炭を詰めてます)、折りたたみ五徳など、火器関係がピターッときれいに収まるじゃぁないですか。

今まで食器、鍋、調理道具、調味料などクッキング用品の小物類は横長で浅いRVBOXに入れてたんですが、これって箱の壁の部分が斜めに勾配ついてるので、箱の外側に思いきり無駄なスペースがあるのです。蓋の重ね代の分も同じ。格好は良いんですけどねぇ。

これも折りコンに入れたほうが収まり良いんじゃないかと思い、もう一つ同じものを購入。中身を入れ替えると意外に容量に余裕があって、全部収まった上にもう少し余裕があります。

結論から言うと、かなりの省スペースとなりました。感覚的には小物類で今までの半分くらいのスペースになったような気がします。

箱の壁が垂直なので他の荷物との隙間ができないし、何より同じコンテナなので縦積スタック可能だから、荷物の積み方に融通がきくようになりました。

え、深い容器にいろんな物詰め込んだら底の方が取り出しにくくないかって?確かに。

でも食器・鍋は出したあと最後に片付けるまでドライネットに入れておくし、火器類もいったん出したら箱に戻すのは撤収の時ですよね?箱の中に常時入ってるものって以外に少ないんです。だからあまり不便じゃないのです。

キャンプの主役にはなれない収納箱くんですが、実は縁の下の力持ち。見直してみると新しい発見があるかもしませんよ。

Comments(0)  |  TrackBack(0)  |  キャンプグッズあれこれ
スポンサードリンク

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿






VodafoneG i-modeG EzwebG (絵文字)