忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

旭川市 カムイの杜公園その2

2011年もお世話になったカムイの杜公園キャンプ場。

基本事項は以前に書いてますのでそちらを参照していただくとして、今回は屋内遊戯施設「わくわくエッグ」と「森のふしぎ館」についてです。

3affd3ea.JPG
ちなみにこの混みっぷりはだいたいいつきても変わりませんね(笑)
本題に入る前に、以前の記事で入れられなかった施設案内図と管理棟の写真を。

管理棟は「森のふしぎ館」と同じ棟で、キャンプの受付もこちらで。
ちなみに荷物の搬入時だけは管理棟の前まで車で進入できます。
3414ea02.JPG

でこの建物の前に案内図もあるので始めてくる方は一度見ておくといいでしょう。
ad1232d6.JPG


さて、まずは「わくわくエッグ」から。

わくわくエッグの入口ですが…おや、今年(2011)はなんか新しい小屋見たいのが増えてる。
32b87e1a.JPG

「もりのふくろう」って売店でした。新しく出来たのね。
d43881b8.JPG

メニューを見てみると。
以前にわくわくエッグの中の売店で売ってたもののほかにカキ氷も増えてるジャマイカ。
残念ながらこの日は開店前だったので何も買えませんでしたけどねー。
CA3C0074.JPG

入館の注意事項と館内の案内図です。
基本裸足で遊ぶんですよー。
ラウンジでは一応飲食可能です。
CA3C0091.JPG

7760c0ab.JPG

ウォールクライミングなんかもあったりするんですが、大人でもけっこう登るの大変でした(´д`;)
子供達元気ねー。
e08d8d86.JPG

木製のボールプールです。暑い日でもひんやりしてて気持ちいいのょ。
8726c91b.JPG

わくわくエッグといえばこれですね。ネットの空中回廊。
CA3C0077.JPG

中はこんな感じです。下が見えるので高いところ苦手な子にはちょっと厳しいかも。
92a9d93b.JPG


続きまして「森のふしぎ館」です。
ホールの中にいろんな木のおもちゃが置いてありまして。

こちらはオセロ。升目にコマが収まるように掘り込んであるんですよ。すごい。
57f41d74.JPG

リボルバー拳銃もあります。これは銃口から木の玉が出る…んじゃなくて
af3c085d.JPG

こんな感じで輪ゴムを掛けて的に当てるのでした。
407de46b.JPG

こんな木のパズルも。2種類ほどありました。
eb5c19ac.JPG

ゴロドクさんもチャレンジしましたが、ばらばらのパーツこうやって組み立てるのに15分ほどかかりました…
説明書見ながらでも悩みます(笑)
CA3C0101.JPG

森のふしぎ館では木工細工の体験教室もやってまして、鉛筆立てなんかを作らせてもらえます。無料で参加できるようですよ。
ただし講師できる人がいるときに限るので、どーしても参加してみたい人は事前に電話で問い合わせしておくといいかもしれませんね。


そんなわけで、以前の記事にも書いたとおり、外の遊具も沢山だし、屋内でも遊ぶ施設充実のカムイのモリキャンプ場、トップの写真のように激混みになる理由がお分かりいただけたかと思います。

のんびりまったりしたい人は夏休み時期を外していくのがいいかもしれませんね。

Comments(0)  |  TrackBack(0)  |  北海道のキャンプ場
スポンサードリンク

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿






VodafoneG i-modeG EzwebG (絵文字)