忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

十勝のコテージ「フェーリエンドルフ」に泊まってみました

フィールドキャンプ場じゃないですけど、林に囲まれた雰囲気のいいコテージがあるので紹介したいと思います。

CIMG4060.JPG

中札内農村休暇村・フェーリエンドルフです。webページはコチラ。記事作成時の最近訪問は2011ゴールデンウィーク。なんかまったりしてきました…
料金:大人6,300 [8,400] 円、子供5,350 [7,350] 円、幼児525円。わんちゃんは1頭3,000円!。[]内はトップシーズンの料金です。食事つきのプランもあったりするので、詳しくは公式サイトをご覧ください。


キッチン周り:スミマセン、写真撮り忘れましたw 普通の家庭のキッチン並です。電子レンジ・電気ポット・冷蔵庫あり。コンロは電熱式です。炊飯器もセンターハウスで借りられます(数に限りがあるのでお早めに)。食器類も食器棚に5人分用意してあり自由に使えます。ありがたや…


トイレ:当然水洗。綺麗なモンです。
CIMG4056.JPG

バス:二面がガラス張り!開放感があっていいんですが、ガラスの面がちょうどトイレ側。すこし恥ずかしいかも?アメニティ(シャンプー・ リンス・歯ブラシ・石鹸・カミソリ)は受付時にセンターハウスでもらえます。
CIMG4057.JPG


寝室:3室あり、ダブルベット、ツイン、シングルで計5人まで泊まれます。

こちらはツインルーム。
CIMG4052.JPG

ダブルはこんな感じ。どの部屋も2Fで、シングルルーム以外はベランダに出られます。
CIMG4046.JPG

リビング・ダイニング:ソファー・テーブル・TVはもちろんのこと、リビング中央には暖炉があります。センターハウスで薪を購入してデレッキを借りたら実際に使えますよ!といいながら写真撮り忘れたorz スミマセン公式サイトのほうにも部屋の写真があるのでそちらも参考に…


窓からの景色:ここのコテージのいいところはやっぱり樹木に囲まれたこの雰囲気でしょう。お隣さんとも適度な距離をたもって、気にならず、さびしからず、といったところでしょう。
CIMG4043.JPG

ここに泊まるのは2度目だったんですが、たまたま今回は池のほとりで
eb95b90a.JPG
こんな風景も見れちゃったりしてラッキーでした。

ちなみに翌朝はぐっと気温が下がって雪が降ってしまい。
f13f3424.JPG
でもここだと絵になりますよね~。

温泉:残念なことにフェーリエンドルフには温泉がありません。上に書いたお風呂のみです。近隣だと更別村福祉の里温泉(入浴料・大人400円、中学生200円、小学生100円)が車で10分かからないくらいのところで一番近いです。また、札内まで足を伸ばすなら十勝川温泉もありますね。


その他:当施設内だけでもセンターハウスで新鮮な生卵をもらえたり、菜園の野菜を採ったり、レストラン付近のかまどで炊いたご飯が食べられたり、朝のお馬さんのブラッシングをさせてもらったり、羊に餌をあげられたり。

その他近郊を探せば十勝なだけあって牧場で体験乗馬や気球にのったり、ラフティングしてみたり色んなアクティビティがあると思います。
野営の準備をしなくていい分、たまには目いっぱい遊ぶ、そんな時間を過ごすのもいいかもしれません。



Comments(0)  |  TrackBack(0)  |  北海道のキャンプ場
スポンサードリンク

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿






VodafoneG i-modeG EzwebG (絵文字)