忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

メーカー不詳、昔々のロッジテント

前の記事でも書きましたが、自分でテント購入する前は両親のロッジテント借りてキャンプ行ってました。
a6ce38a9.JPG
メーカー不詳でたぶん購入してから10数年は経つと思いますが、今でも時々使います。縫い目はだいぶ弱ってきてますが、、、今だと小川キャンパルから発売されているミネルバDXが似た感じだと思います。

最近はドームテントが普及してるのであまり使ってる人を見かけなくなりましたが、子供の頃はこんなテント見たら「わー凄い」と思ってました。

1棟でつながった寝室・貨室・リビングになるのがこの手のロッジテント良さです。しかもそこそこの広さ。寝室は4・5人くらいなら寝れるので家族で十分使えると思います。頑丈だし。

短所としては重量がある(フレームと幕体でたぶん30kgくらい)こと、組立が難しいということでしょうか。

重量の方は一般的なサイズのドームテント・スクリーン・タープの重量を合計したのより若干重いかも知れませんが、それに比べると全体が一つの屋根でつながっている(破けない限り中間から雨漏りしたりしない)という利点もあったりします。

組立の方は、、、立てるのはコツをお覚えれば一人でも出来るようになります、そんなに難しくありません。それより撤収の方がちょっと大変かも。幕体が大きいので一人で(特に雨なんかに濡れたりすると)大仕事なので一人では難しいですね。

ミネルバDXで定価18万円、他のメーカーでもそう安くは買えないかも。普及品のドームテントがずっと安く買えることを考えると、いきなりこのテントを選択することはないでしょうか。でも知人に持ってる人がいたらちょっと体験させてもらうのもいいかも。快適ですよ。

Comments(0)  |  TrackBack(0)  |  キャンプグッズあれこれ
スポンサードリンク

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿






VodafoneG i-modeG EzwebG (絵文字)