忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

グッズを揃えるにはお金がかかるけど

キャンプグッズってまともに買うと結構いい金額になりますよね。財力に自信のある方ならともかく、体力だけで財力のない(いや、最近は体力の方もあやしいけど、メタボ、メタボ、、、)gorodokuみたいな人にとっては、いきなり必要なものを全部揃えるのは相当な負担です。

今スポーツオーソリティのHP見ましたが、スターターセット(270cmテント、テントインナーマット、タープSサイズ、シュラフ@2、折りたたみテーブル、2wayピクニックテーブル、蛍光灯ランタン、28QTクラーボックス)¥49800みたいのもあり、まぁこれはこれで使えるんですが火器の類が不足気味です。

ちなみにこのセットのピクニックテーブルは一応ベンチも付いてますが座面がテーブルと同じ材質なので、おそらく座り心地は悪いと思われます。

このほかにストーブ(シングルバーナー)、ガソリンランタン&スタンド、コッフェル、レジャーコンロなどを足すと、物にもよりますがとりあえず安いものを選んでもあと2万円くらいはかかるでしょう。

さらに快適さを求めると、スクリーンテント(蚊帳)できればフルクローズするもの、まともに長時間座れるチェアまたはベンチ、料理に凝りたい人はツーバーナーやダッチオーブンなんかも欲しいし、そうするとあと3、4万円くらいはかかりそうです。

全部合計するとざっくり10万!長続きするかどうかわからないものにいきなりこの金額は出せないですよね、普通。

と言う訳で、これからキャンプを始めようかと言う人は、知人にキャンパーさんがいればお伴させてもらった方がいいです。実際キャンプしてみて「思ってたほど面白くないな~」と思う人もいるかもしれませんからね。実際参加してみてこれが趣味になりそうだと思う人、まだ量販店やアウトドアショップに行くのはまだ早い、ちょっと待ってください。

知人や家族にキャンパーさんがいれば「お下がり」が手に入るかもしれません!新しいモデルが出たとか、家族が増えたので今のテントが手狭になったとかで、まだそんなに傷んでないグッズでも買い替える人がいるかも知れません。あらかじめ「いらなくなったらちょうーだい」もしくは「安く譲って」と声をかけておくと良いでしょう。

gorodokuも最初は実家のお古のテントでスタートしました。タープはなかったですがロッジ型だったのでアウターの一部をポールで支えて日除けもできました。

さらにヤフオクなどで中古グッズを手に入れるという方法もあります。ただしこの場合は現物を確認できないので注意が必要です。狙い目は未使用新古品でしょうかね、まぁライバルも多いしその分価格も上がりますが。ちなみにgorodokuは昨年クロスターというブランドの中古ヘキサタープを手に入れましたが、幕体の材質がブルーシートとかと同じものでした(@@;下調べしなかった自分が悪い、事前調査はしっかりやりましょう。

それから足りないものを必要な順にショップで買いましょう。必ずしも必要ない快適グッズは、毎年ちょっとずつ買い足すくらいでいいんじゃないでしょうか。

立派で高価なグッズじゃなくてもキャンプは楽しめるし、無いものを何とかする工夫もキャンプの醍醐味です。gorodokuは昨年お菓子の空缶の蓋3枚で「なんちゃってチャコスタ」を作りました。新聞記事を見て段ボール箱オーブンも試してみました。いろいろ自分なりの楽しみ方を見つけてみましょう!

Comments(0)  |  TrackBack(0)  |  キャンプ行こうよ!
スポンサードリンク

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿






VodafoneG i-modeG EzwebG (絵文字)