忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

マオイオートランド

先日行き当たりばったりで行ってみましたマオイオートランドです。webページはコ チラ。記事 作成時の最近訪問は2010/07上旬。
我が家で滅多に利用しない高規格オートキャンプ場です。だって100V製品なんか持って歩かないですもん(今のところ)。

料金:入場料一泊大人(中学生以上)¥1000、小学生¥500幼児は無料です。この他にサイト使用料が必要です。一泊スタンダードカーサイト¥2000、キャンピングカーサイト¥3000、フリーサイト¥500、コテージ¥10000です。ちなみに入場料を払うとながぬま温泉の入浴券が一人一枚いただけます。基本的にどのサイトを利用する場合でも予約が必要です。

サイト:きれいな芝で平坦ですが若干はがれているところ も。カーサイトの区画は線で明瞭に区切られては居ませんが、区画間が盛土でちょっと高くなってるのと白樺樹林で仕切っているでもめる事は無いと思います。 広さ的には3mサイズのテントとスクリーンを立ててもまだまだ余裕がある感じで結構広めです。フリーサイトも一応区画が決まっているので(コチラは区切り は一切無し)あいているからと言って隙間にジャンジャンテントを設営してはいけませ~ん。
CA3C0006.JPG
スタンダードカーサイト正面より。ちょっと小高くなっているところの奥のほうがフリーサイト。

af0d4bfc.JPG

スタンダードカーサイト背面より。スペース的には大分余裕があると思います。

0c7f930d.JPG
コテージ。中には入ってないですが、冷蔵庫もテレビもあるとのこと。玄関ポーチの横にはテント地カーテンがあるようなので、多少の雨降りでもポーチでバーベキューが出来そうです。

トイレ:サイトの両端のほうに各1棟ずつ。水洗できれい。このほか管理棟のトイレも24時間利用可能。水洗でジェットタオルまでついてます。写真はサイト東側のほうのトイレです。
027f2374.JPG


炊事場:トイレと傍からちょっと離れてこちらもサイトの両端に1棟ずつ。
c97b976f.JPG

管理棟:キャンプ場入り口の立派な建物。シャワー室(7:30~22:00)ランドリー(24時間)が入ってます。
棟入口に自動販売機あり。売店(7:30~23:00)もあり、炭・ガソリン・焚き付け・網などキャンプ用品のほかお菓子やアイスクリームなどの販売も。
CA3C0016.JPG

遊具:サイト中央に水遊びの出来る浅い池とちょっとしたジャングルジム+滑り台があります。こじんまり。その他有料ですが、2人こぎ自転車の貸し出しもしてます。半日¥300です。キャンプ場向かいにはパークゴルフ場もあります。

温泉・入浴:キャンプ場すぐ横にながぬま温泉。徒歩5分以内です。入場料で入浴券をもらえるのでぜひ行きましょう。

その他:受付で分別袋をもらえるので燃えるゴミ、残飯ゴミ、それ以外のゴミに分けて出してください。
CA3C0018.JPG
ゴミ箱は管理棟の向かいにあります。
  CA3C0011.JPG
芝のこげ防止に、コンロの下に敷くためのブロックが各区画に配置されていますのでご利用を。

なお、パンフレットや公式ウェブサイトでは「直火禁止」となってますが、直火でなくても焚き火は禁止だそうです。我が家はファイアグリル上で薪を燃してましたが、管理人さんに中止するように言われましたので。

場内での花火は一切禁止です。場外・管理棟前の駐車場付近のみで手持ち花火はOKです。

Comments(0)  |  TrackBack(0)  |  北海道のキャンプ場
スポンサードリンク

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿






VodafoneG i-modeG EzwebG (絵文字)