忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


スポンサードリンク

白老ふるさと2000年の森・ポロトの森キャンプ場

2009年の道南紀行のキャンプ場紹介やっとエントリっす(汗)
まずは白老ふるさと2000年の森・ポロトの森キャンプ場です。webページはコ チラ。記事作成時の最近訪問は2009/09中旬。


初めて利用するキャンプ場でちょっとgorodokuの自宅からは遠いですが、ちょっとお気に入りになりそうなキャンプ場です。胆振に来たときはきっとまた利用すると思います。

料金:大人一人400円、子供(小中学生)一人300円でテントサイトは使用料なし。バンガローは一棟一泊5000円

サイト:綺麗な芝で手入れも行き届いていると思います。
若干の傾斜がある(特に西南側の川に近い低地のほう)ところもあるようですが、寝るのに気になるほどではないと思います。
森に囲まれていてロケーションはかなりいいと思います。とはいえ、視界には入りませんが高速道路もすぐそばを通っているので、時々走行音が聞こえることもあります。
テントサイトは大雑把に言うと北側がやや開けた広場っぽいサイト、西南側が低地となっていてやや林の中っぽいサイトに分かれてます。下の写真は北西側のサイト。
CA3C0257.JPG
場内の搬入路とサイトは高低差があるんですが、その間の傾斜地も段切りしてあってテントが立てられるスペースになってます。

西南側低地のサイトには屋外テーブル・ベンチもあります。が数が限られているので、(テントの数が少ないけれど)近くは早く埋まっちゃいます。テントの総数は北側の拓けたサイトのほうが断然多いんですけどね~。

CA3C0258.JPG

北側のサイトにはこんな感じの四阿がいくつかまとまってあります。雨のときは助かるかも?
CA3C0240.JPG

トイレ:サイト中央、西端のほうに一棟、水洗です。大変綺麗に清掃されています。ジェットタオルまでついてます。いい状態を維持できるように利用者側も大事に使うように心がけましょう。
CA3C0239.JPG


炊事場:トイレの近くに一棟、屋外炉つきです。蛇口の数はあまり多くないです。朝晩は混むかも。
CA3C0241.JPG

管理棟:キャンプ場の一番南端、搬入路入り口のすぐ横にあります。
コチラで受付をすませたら荷物搬入できます。自販機あり。
CA3C0236.JPG

下の写真が搬入路入り口です。荷物搬入時のみ車両進入可能。
出入りするとき意外は搬入路入り口のチェーンをかけるように管理人さんから指示があると思いますので忘れないようにしましょうね。
CA3C0237.JPGCA3C0237.JPG

遊具:子供向けの遊具などは特に無いです。
暑い時期ならきっと虫取りも出来るでしょう。(クワガタとかセミとか)
あと、冬場にはキャンプ場に来る途中に横を通るポロト湖でワカサギ釣りが出来るそうです。
川に降りれるところもある様なんですが、釣りOKなんでしょうかね?ちょっと未確認です。ゴメンナサイ。
CA3C0259.JPG

温泉・入浴:ポロト湖の手前にポロト温泉があります。キャンプ場からは車で5分ほど戻ったところです。子連れだと歩くにはちょっと遠いかも。さらに車で5分ほど戻ると白老町市街に白老温泉ホテルがあり、日帰り入浴可です。

その他:こちらのキャンプ場はコールマンの提携キャンプ場で、キャンプに必要なものは一通りレンタル可能です(もちコールマン製品)。コールマンアウトドアクラブの会員はレンタル料金が多少割引されるみたいです。

全部レンタルすると結構な金額になりますが、ピンポイントで大物をレンタルすることにすれば(例えばテントだけとかコンロだけとか)、車載荷物が減らせるので、快適な移動のためにはアリだと思います。

あと、白老にきたらとりあえずマザーズに行っときましょう!場所は市街地からちょっと東へ、国道に合流する手前です。
我が家はスイーツマザーズでたまごプリンとシューラスクをいただきました。たまご館のほうでは生みたて鶏卵の販売のほか、たまごを使ったランチも食べられます。

白老市街のスーパーで白老牛もゲットできます。ご当地の食材を味わうのもキャンプの楽しみの一つですね。

次に行ったときはベーグル食べるぞ~。

Comments(0)  |  TrackBack(0)  |  北海道のキャンプ場
スポンサードリンク

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿






VodafoneG i-modeG EzwebG (絵文字)